四柱推命:通変星

傷官(しょうかん)の性格 四柱推命の通変星 美人って本当?

2018年5月26日

傷官(しょうかん)の性格 四柱推命の通変星 美人って本当?

こんにちは!四柱推命 占い師の里みさきです!

四柱推命における傷官(しょうかん)は、通変星のうちの一つ。

そして「傷官美人」という言葉で知っている人も多いかもしれません。

命式内の位置や星の数、十二運星との組み合わせによって解釈も変わりますが、ここでは傷官の基本的な意味と性格をご紹介します!

四柱推命の傷官(しょうかん)とは?

命式での見方

四柱推命の命式は こちら(フォーチュンジュエルさん)で無料で調べることができます。

傷官(しょうかん)は通変星の一つで、自分が傷官をもっていた場合、命式内では下の赤枠内に表示されます。

四柱推命の通変星の出し方

 

通変星は全部で10種類あり、それぞれ自立星・遊星・財星・官星・印星の5つに分けられています。

※モバイル表示の方は横スクロールをしてご覧ください。

 

傷官(しょうかん)の意味

傷官は食神と共に、遊星に分類されます。

「官を傷つける」という意味があり、社会(=官)から反抗する、反骨精神を持っています。

食神と同じ「子どもの星」で、傷官は「思春期を迎えた少年少女」のイメージ。

傷官のキーワードは「型破り」と「聡明」です。

 

傷官(しょうかん)をもつ人の性格

美意識が高い

美しいものが好きで、美への強い憧れを抱いています。

顔の造形が綺麗な美人が多い星で、美的センスも抜群、男女ともにおしゃれです。

また、芸術への関心が高く、感じたことや見聞きしたことを表現する力を持っています。

作家や音楽、演劇などのクリエイティブな才能を発揮する人もいるでしょう。

 

神経質で毒舌

細かい作業が得意で独自のこだわりがあり、的確なアドバイスができます。

ただ、思ったことを吐き出さずにはいられず、それをストレートに言葉にしてしまうことも。

たとえ相手が落ち込んでも気にしないですし、言葉のどこかにトゲがあるので、周囲から毒舌だと思われることもあるかもしれません。

人との摩擦が多く、作らなくてもいい敵も作りやすいとされています。

ただ、本当は寂しがりやで、人に囲まれて嬉しいという気持ちもあります。

シャイなので自分から声をかけられない・誰も分かってくれなくてモヤモヤを抱えてしまう…といった気持ちも心の奥にはあるでしょう。

 

頭脳明晰

非常に頭が良く、物事の本質を見抜くセンスがあります。

社会で通用するような専門資格や、技術を持っていることが多いでしょう。

スマートな雰囲気があり、優れた交渉力もありますが、収入や出世には関心がありません。

褒められたり、周りを驚かせたりなど、自分が注目を浴びている時が一番心地よいと感じます。

なので、たとえそれが周りから変わっていると思われたとしても、むしろ喜ばしいと思うとことも。

逆に、普通・平凡と思われることには、耐えられないと感じるでしょう。

 

感受性が人一倍強い

非常に繊細で、デリケートな感性を持っています。

周りの人の心理が、手に取るように読めるでしょう。

特に、他人が自分をどう思っているかにはとても敏感で、周りの反応に一喜一憂するところがあります。

感情の波が激しいので、自分をコントロールするのは難しいかもしれません。

こういったガラスのような繊細な心の持ち主なので、傷つけられたと感じると、攻撃に転じます。

そして人を傷つけるだけでなく、自分自身をも深く傷つけてしまいがちです。

 

傷官(しょうかん)に向いている仕事

傷官に向いている仕事は、クリエイティブな感性を活かせる職業

デザイナーや作曲家、演出家など、クリエイティブな仕事であれば、どんなジャンルでも適性があります。

また、鋭い感性を持っているので、キャスターや評論家にも向いています。

もし、会社や組織の一員として働く場合は、つい批判的な目で周りをしまうので、上司や目上の人とのトラブルを起こしてしまいがち。

同僚や後輩にはとても親身になるので、良い関係を築くことができるでしょう。

 

傷官(しょうかん)をもつ人の恋愛・結婚

傷官をもつ人はおしゃれで会話上手なので、恋愛のチャンスを多く引き寄せます。

恋愛至上主義なところがあり、好きになると、何もかもがバラ色に見えるかもしれません。

ただ、嫉妬や独占欲が強くなったり、感情のアップダウンが激しくなってしまうことも。

結婚に関しては、意外と現実的で、会話は連絡事項だけになったり、相手のイヤなところが気になってしまいます。

パートナーをあまり追い詰めず、女性は共働きでお互いの時間を確保したほうが、うまくいくでしょう。

 

繊細で美しいアーティスト

独特な感性をもっている傷官(しょうかん)は、繊細で美しいステンドグラスのようなイメージです。

高い潜在能力を持っているので、芸術的・技術的な分野で活躍が期待できます。

まずは、繊細な心と鋭いアンテナを持っていることに、誇りを持ちましょう。

年を重ねて、経験を積むことで、きっと少しずつ生きるのが楽になりますよ。

 

四柱推命の読み方については 四柱推命 記事一覧ページ をご覧ください


  • この記事を書いた人

里 みさき

西洋占星術と四柱推命の占い師。astrology tokyo認定鑑定師。1児(5才)の母親。太陽山羊座・月天秤座。主星と自星ともに偏官。元々、販売業だったが出産を機に退職。育児と家事に専念しようとするが、モヤモヤとした満たされない悩みを抱え、占いと出会う。西洋占星術と四柱推命で本来の自分を知り、本格的に占い師として鑑定活動を続けている。好きなものはお菓子(チョコとポテチ)。苦手なものは密集しているもの(特にムカデ)。→詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

8月の12星座 運勢占い 1

-四柱推命:通変星

© 2020 占い師 里みさきのブログ Powered by AFFINGER5