四柱推命:十二運星

冠帯(かんたい) 四柱推命の十二運 意味や性格を調べてみよう!

2018年6月27日

冠帯(かんたい) 四柱推命の十二運 意味や性格を調べてみよう!

こんにちは!

冠帯をもっているけど、隅っこ好き…地味好きな四柱推命 占い師の里みさきです。

(これは命式内に十二運星のも一緒にあるのが原因)

さて、今日お伝えする四柱推命の冠帯(かんたい)は、十二運星のうちの一つ。

十二運星を元に作られた動物占いでは【黒ひょう】が当てはまります。

命式内の位置や通変星との組み合わせによって影響も変わってくるのですが、ここでは冠帯の基本的な意味と性格をご紹介します!

四柱推命の冠帯(かんたい)とは?

命式での見方

四柱推命の命式は こちら(フォーチュンジュエルさん)で無料で調べることができます。

冠帯(かんたい)は十二運星の一つで、自分が冠帯をもっていた場合、命式内では下の赤枠内に表示されます。

四柱推命の十二運星の出し方

 

四柱推命では、日柱の干支(本人の本質)と通変星(性格)にプラスして、十二運星は性格を補足的に表す役割があります。

そして、十二運星のそれぞれが人の一生を表しています。

※モバイル表示の方は横スクロールをしてご覧ください。

長生(ちょうせい) 小学生
沐浴(もくよく) 中高生(思春期)
冠帯(かんたい) 青年期(成人式)
建禄(けんろく) 壮年期(社会人)
帝旺(ていおう) 中年期(社長)
衰(すい) 老年期(会長)
病(びょう) 病にかかる(病床)
死(し) 亡くなる(魂が肉体から離れる)
墓(ぼ) 入墓
絶(ぜつ) あの世
胎(たい) 胎児
養(よう) 赤ちゃん

 

冠帯(かんたい)の意味

冠帯は冠を付けるという意味があり、別名「女王の星」と呼ばれています。

人の一生で表すと、「成人式を迎えたの青年期」のイメージ。

法的に大人になった若者が、ハツラツとした勢いを持っている状態です。

大人としての自覚(プライド)と、内面の子どもっぽい不安定さを併せ持っています。

 

冠帯(かんたい)をもつ人の性格

華やかさを好む

華やかなことが好きで、常に周囲から注目されていたいと考えています。

社交性があり、美的感覚に優れているので、おしゃれな人です。

笑顔が魅力的で、なぜか憎めない人も多く、何もしてなくても目立つ存在でしょう。

公私ともに友人や仲間に囲まれて、華やかな生活を送ることが理想なので、孤独には弱いところも。

 

独立心が旺盛

若々しくポジティブな考えを持ち、現実を自ら動かしていく力を発揮します。

独立精神が旺盛なので、リーダー役を担うことが多いかもしれません。

女性を対象にした仕事で成功する傾向があり、夢や目標を確実に達成するのは、中年以降とされています。

 

攻撃性がある

明るく素直な性格ですが、つい余計な一言を言ってしまうところがあります。

好き嫌いが激しく負けず嫌いなので、人を批判してまで自分を押し通そうとする傾向もあるでしょう。

後輩や困っている人には親切なのですが、目上の人とは衝突しがちです。

 

人脈と華やかさを活かす

冠帯(かんたい)の星をもつ人は、幅広い人脈を作り、自らが輝く(=女王になる)ことで星の良さを活かすことができます。

そのためには、交友関係を広く持ち、周囲の憧れとなる華やかさを身につけることを大切にしてくださいね

 

四柱推命の読み方については 四柱推命 記事一覧ページ をご覧ください


  • この記事を書いた人

里 みさき

西洋占星術と四柱推命の占い師。astrology tokyo認定鑑定師。1児(5才)の母親。太陽山羊座・月天秤座。主星と自星ともに偏官。元々、販売業だったが出産を機に退職。育児と家事に専念しようとするが、モヤモヤとした満たされない悩みを抱え、占いと出会う。西洋占星術と四柱推命で本来の自分を知り、本格的に占い師として鑑定活動を続けている。好きなものはお菓子(チョコとポテチ)。苦手なものは密集しているもの(特にムカデ)。→詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

10月の12星座 運勢占い 1

-四柱推命:十二運星

© 2020 占い師 里みさきのブログ Powered by AFFINGER5