四柱推命:通変星

劫財帝旺の意味とは?星を活かすための2つのコツ

劫財帝旺の意味とは?活かすためのコツを解説します

こんにちは!四柱推命 占い師の里みさきです。

劫財帝旺の意味を知りたいと思いませんか?

ここでは、劫財帝旺の意味と、自分の星をうまく活かすためのコツをお伝えします。

自分の星を知って、人生をより生きやすくしていきましょう!

劫財帝旺の意味とは?

社会的に成功しやすい

劫財帝旺の組み合わせを持っていると、社会的に成功しやすいという傾向があらわれます。

たとえば、スケールの大きい仕事をしたり、社交的なので組織を作るのが上手い人もいるでしょう。

実際、カリスマ性のある著名人や企業のトップに多い配置です。

例)

  • 本田圭佑さん
  • 新庄剛志さん
  • 錦織圭さん
  • 安部首相
  • 村上春樹さん
  • 安室奈美恵さん
  • 中居正広さん
  • 大野智さん

スポーツ界・政界・芸能界など、様々な分野で活躍されている印象ですね。

ちなみに、劫財帝旺は、命式ではどの位置にあっても強烈ですが、最も影響が出やすいのが月柱にあるパターンです。

 

劫財帝旺を活かすコツは?

コツ1:目標をしっかり設定する

劫財帝旺をもっている人が一番心がけたいことは、目標設定。

目標がないうちは、モヤモヤ悶々としてしまうことが多いでしょう。

できれば、短期の小さな目標ではなく、長期的で大きな目標のほうが良いですね

「何が何でも手に入れたい」「絶対に負けたくない」という思いが強いので、そのパワーをプラスの方向へ発揮させましょう。

逆に、やりたくない仕事を、無理に毎日続けることは向いていません。

女性の場合、専業主婦は不向きなので、自分が夢中で打ち込める仕事を見つけてくださいね。

 

コツ2:自分の個性を出す

とはいえ、劫財帝旺はとっても強い組み合わせなので、マイナスの方に作用してしまう可能性も多いです。

(専門用語では陰転と呼ばれています)

  • 優柔不断になりがち
  • 目立たないよう地味に過ごしている
  • 自己肯定感が低い

こういった傾向はありませんか?

劫財帝旺があると、周りから浮いてしまう人も多いと言われています。

ですが、過去の交友関係を引きずらずに、自分の個性を前面に出したほうが、より運を掴むことができます

一人で何でもやろうとしなくても大丈夫なので、協力者を集めて相談してみたり、仕事を依頼してみましょう。

自分の世界に周りを巻き込むつもりで、自分の個性を積極的に出してみてくださいね!

参考 劫財(ごうざい)の性格 | 四柱推命の通変星を調べよう

参考 帝旺(ていおう) 四柱推命の十二運星 意味や性格を調べてみよう!

 

四柱推命を勉強したい方は 四柱推命おすすめの本 もどうぞ

四柱推命の読み方については 四柱推命 記事一覧ページ をご覧ください



  • この記事を書いた人

里 みさき

西洋占星術の占い師。astrology tokyo認定鑑定師。ARI占星学総合研究所 研究科所属。1児(5才)の母親。太陽山羊座・月天秤座。元々、販売業だったが出産を機に退職。育児と家事に専念しようとするが、モヤモヤとした満たされない悩みを抱え、占いと出会う。西洋占星術で本来の自分を知り、本格的に占い師として鑑定活動を続けている。好きなものはお菓子(チョコとポテチ)。苦手なものは密集しているもの(特にムカデ)。→詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

8月の12星座 運勢占い 1

-四柱推命:通変星