西洋占星術:1-3ハウス天体

2ハウスに木星がある人の3つの特徴 - 西洋占星術

2020年2月18日

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2室(2ハウス)に木星がある人の3つの特徴 - 西洋占星術

こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです!

2ハウスに木星がある場合、どんな意味があるのか気になりますよね。

西洋占星術では、木星は拡大や寛容を表しているのが解釈のポイント。

今回は、2ハウスに木星がある人の特徴をわかりやすくお伝えします!



2ハウスってどんな場所?

2ハウスは、多くの人にとって関心の高い「金運」を司ります。

といっても、宝くじのような一攫千金のようなお金ではなく、仕事で得るお金のこと。

そして、ここでのお金というのは、自分が働いて手に入れる収入と考えて良いでしょう。

どんな才能を使ってお金を得るのか、得た財産をどのように扱うのかなどの価値観が分かります。

逆に、対極にある8ハウスは、他人からもたらされる収入を意味しています。

 

2ハウスに木星がある人の3つの特徴

豊かな生活が送れる

2ハウスに木星がある人は、自分の資産を増やすことに価値を見出すタイプ。

年を重ねるごとに所得や財産が増えて、経済的に豊かになる傾向があります。

(特に木星の年齢期である45歳以降)

また、困ったときは、思いがけない援助や好意の贈り物を受けることも。

特に頑張らなくても、物質的・金銭的に豊かな暮らしが送れて恵まれた人生を送る、と言われているラッキーな配置です。

 

信用や才能で収入を得る

周囲からの信用を得ることで社会的な地位が上がりやすく、それによって収入も増えます。

翻訳の仕事や海外と関わる商売、社会貢献的な活動に縁があるでしょう。

芸術的なセンスや資金運用の才能もあるので、大きな財産を得る人も。

ふと思いついたことが収入に結びつきやすい、という特徴があります。

 

金銭感覚はアバウト

星の性質がマイナスに働いてしまうと、「もっとお金が欲しい、お金を使いたい」という願望が膨らみがち。

稼いだお金をあっという間につかってしまったり、お金がなくなってもまた稼げばいいという楽観的な考えがあるでしょう。

いわゆる「金は天下の回り物」といった発想に近いかもしれませんね。

もし一時的に貧乏な生活になっても、心のゆとりは失われません。

気前よく使っても、そのぶんどこかから戻ってきます。

むしろ節約のために食費などを削ると、心までひもじい思いをすることに・・。

年を重ねると、資産運用など新たな収入の流れができるので、せっかく手にした財産をどのように計画的に貯めていけるかが、その後の人生を左右するでしょう。

 

2ハウスで資産の使い方を知ろう

2ハウスの惑星を知ることで、自分がお金や財産、所有物に対してどのように考えているか、どんなスタンスを取るかということが分かります。

自分に合った資産の使い方をしっかり認識して、自分の資産を上手に活用してくださいね!

 

西洋占星術を勉強したい方は 西洋占星術おすすめの本 もどうぞ

ホロスコープの読み方や相性については 西洋占星術 記事一覧 ページ をご覧ください

 

メルマガ限定情報を配信中!

いま知りたい星読み情報・占い豆知識ネタを【月2回無料】でお届けします!

無料メルマガ登録 特典【金星星座別・彼の好みのタイプとアプローチ法】会員専用ページへご招待♪

今月の12星座運勢占いも好評配信中!

メルマガサンプルをWEB上で掲載中!チェックしてみてくださいね!

最新号を試しに読む

  • この記事を書いた人

里 みさき

当ブログでは、西洋占星術と四柱推命の情報を分かりやすく発信しています。ブログ月間100,000pv突破。西洋占星術と四柱推命の占い師。ARI占星学総合研究所 研究科所属。astrology tokyo認定鑑定師。1児の母親。太陽山羊座・月天秤座。

-西洋占星術:1-3ハウス天体