1ハウス(1室) 火星の3つの特徴 – 西洋占星術

  • Pocket
1ハウス(1室) 火星の3つの特徴 - 西洋占星術

こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです!

1ハウス(1室)に火星がある場合、どんな意味があるのか気になりますよね。

西洋占星術では、火星は情熱や闘争心を表しているのが解釈のポイント。

今回は、1ハウス(1室)に火星がある人の特徴をわかりやすくお伝えします!

西洋占星術 ホロスコープメール鑑定書 自分を知りたい人におすすめ!

[1] 1ハウス(1室)ってどんな場所?

ホロスコープはこちら(nut’s wheelさん)で無料で調べることができます。

ハウスのトップバッターである1ハウスは、自分の本質を表していると言われています。

つまり、「自分自身」を示している最も大切な場所ですね。

生まれつきの資質なので、本人は無意識な部分も多いのですが、周囲からはその特徴がはっきりと分かります。

▼各ハウスの意味はこちら

 

[2] 1ハウス(1室)に火星がある人の3つの特徴

  • 闘争心が強い

気性が激しく、心の中では常に闘争心を抱いています。

何事も勝ち負けで判断し、勝利を手にするまで勇猛果敢に挑み続けるでしょう。

困難な目標にチャレンジするときに、人生に充実感を抱きやすいのが特徴です。

中には、自ら好んで危険な道・困難な道を選ぶところも。

 

  • 行動力がある

行動力に溢れていて、とてもスピーディーです。

とにかく言動に迷いがないので、周囲の人からは常に自信のある人と映るかもしれませんね。

他人の指示に従うことが苦手なので、自分の人生は自分の手でアグレッシブに切り拓いていくでしょう。

スポーツに対する関心と適性を持っている人も多いとされています。

 

  • 短気で好戦的

1ハウス(1室)火星のマイナス面が強く働くと、短気やせっかちな部分が表れてきます。

もともと競争心が強くて好戦的なので、敵を作りやすいかもしれません。

なにかとトラブルきっかけを作ってしまうことも。

言動が攻撃的なのと、我慢が足りない部分を抑えることができれば、持ち前の積極性を活かして、大きな成功を得ることができますよ!

 

[3] 1ハウス(1室)火星を意識しよう

1ハウスの惑星は、通常、無意識であることがほとんど。

ですが、その意味をしっかり意識することで、自分の人生観や自分らしさを知ることができます。

また、1ハウスには、その人の第一印象や身体的特徴が表れるといわれています。

代表的なものが、1ハウスの起点である「アセンダント」ですね。

アセンダントの星座を知ることで、自分に似合うファッションも分かるので、よかったらチェックしてみてください!

▼アセンダントを12星座別で紹介

 

【西洋占星術 ホロスコープメール鑑定】
自分自身のことを知っていますか?彼との相性が気になりませんか?

占い師 里みさきが、お一人お一人に合わせて【唯一無二の大ボリューム鑑定書】を作成します!

  • 個人鑑定(A4用紙13枚前後)
  • 相性鑑定(アスペクトによる詳細鑑定)

詳しい鑑定内容や【実際の鑑定書の写真】は、詳細ページへ!

 

メルマガ限定情報を配信中!

いま知りたい星読み情報・占い豆知識ネタを【月2回無料】でお届けします!

無料メルマガ登録 特典
【金星星座別・彼の好みのタイプとアプローチ法】会員専用ページへご招待

今月の12星座運勢占いも好評配信中!

メルマガサンプルをWEB上で掲載中!チェックしてみてくださいね!

 

 

次の記事:ホロスコープ占い 12星座別の性格と傾向は当たるの?

 

The following two tabs change content below.

里 みさき

占い師&Web在宅ワーカー&1児(4才)の母。元々、販売業だったが出産を機に退職。育児と家事に専念しようとするが、モヤモヤとした満たされない悩みを抱え、占い(西洋占星術と四柱推命)に出会う。西洋占星術と四柱推命で本来の自分を知り、未経験でWebの世界、そして占いの世界へ飛び込む。現在は在宅で仕事をしつつ、情報ブログを通して占いの知識を発信中。好きなものはお菓子(チョコとポテチ)。苦手なものは密集しているもの(特にムカデ)。→詳しいプロフィールはこちら
  • Pocket

SNSでもご購読できます。