西洋占星術:9-12ハウス天体

12ハウスに冥王星がある人の3つの特徴 - 西洋占星術

2020年12月10日

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

12ハウスに冥王星がある人の3つの特徴 - 西洋占星術

こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです!

12ハウスに冥王星がある場合、どんな意味があるのか気になりますよね。

西洋占星術では、冥王星は極限や破壊と再生を表しているのが解釈のポイント。

そこで今回は、12ハウスに冥王星がある人の特徴をわかりやすくお伝えします!



12ハウスってどんな場所?

12ハウスは、潜在意識や秘密を表している部屋。

具体的には、目に見えない問題、心の奥底にある願望など。

また、最後のハウスである12ハウスは、「人生の目的を果たした後にたどり着く場所」なので、静養、隔離、個人の秘密などのキーワードも示しています。

匿名で活動するある種の後ろめたさから、インターネットや仮想空間を意味していることも。

人から見えない部分を司っているのが、この12ハウスの特徴と言えるでしょう。

 

12ハウスに冥王星がある人の3つの特徴

12ハウスに冥王星がある人の3つの特徴 - 西洋占星術

洞察力が鋭い

12ハウスに冥王星がある人は、洞察力が優れています。

たとえば、相手の隠しておきたい秘密裏の事情を機敏に察知できるでしょう。

また、情報操作も得意で、物事を裏から動かすような立場(影のフィクサー)を任されることもあるかもしれません。

里 みさき
人や会社を蘇らせる能力もあるよ◎

大逆転が起きやすい

12ハウスに冥王星があると、極限状態のときに大逆転を起こしやすいという傾向があります。

破壊と再生を繰り返すような行動をするので、波乱万丈な人生になるでしょう。

とはいえ、その偏った極端な言動が結果的に、良い方向へ導かれる経験をするかもしれません。

さらに、霊感サイキック的な能力を強く発揮する人もいます。

目に見えない存在から守られたり、導かれるような不思議な経験をする人も。

人生において、なにか窮地に陥ったときにその能力を発揮する可能性があるでしょう。

道を誤る可能性も

不正や裏社会といった「人としての誤った道」を進んでしまうと、自分がしてきたことが原因で苦しい状況に立たされます。

いわゆる「因果応報」の配置です。

他人に対して残酷な仕打ちをすれば、必ず復讐されるでしょう。

「生きていてもどうせ死ぬ」などの極端な破壊衝動がありますが、このパワーを芸術や人の心を癒すために使うのがおすすめです。

人としての正しさや優しさを意識し、惜しみない慈愛を人に注ぐことで、自分自身も幸福を得られるでしょう。



12ハウスは無意識で働く

12ハウスは無意識で働くので、他のハウスに入っている天体と比べると「自覚しにくい」のが特徴です。

よって、普段の生活では星の特性を活かしにくいかもしれません。

ただ、ふとしたタイミングで思ってもいなかった気づきや、インスピレーションを得られることもあります。

自分の中の12ハウスの天体にそっと耳を傾けてみてくださいね。

 

メルマガ限定情報を配信中!

いま知りたい星読み情報・占い豆知識ネタを【月2回無料】でお届けします!

無料メルマガ登録 特典【金星星座別・彼の好みのタイプとアプローチ法】会員専用ページへご招待♪

今月の12星座運勢占いも好評配信中!

メルマガサンプルをWEB上で掲載中!チェックしてみてくださいね!

最新号を試しに読む

  • この記事を書いた人

里 みさき

当ブログでは、西洋占星術と四柱推命の情報を分かりやすく発信しています。ブログ月間100,000pv突破。西洋占星術と四柱推命の占い師。ARI占星学総合研究所 研究科所属。astrology tokyo認定鑑定師。1児の母親。太陽山羊座・月天秤座。

-西洋占星術:9-12ハウス天体