西洋占星術:読み方

ホロスコープのハウス 意味を解説|占星術のキホン

2018年6月19日

※このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ホロスコープ ハウスの意味と読み方 - 西洋占星術

こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです!

占星術で基本ともいえる「ハウス」。

ホロスコープ上では、1ハウス~12ハウスまで全12のハウスに分かれていて、それぞれに意味があります。

そこで今回は、各ハウスの意味をわかりやすく解説しますね!



ホロスコープにおけるハウスの意味

ハウスは活動場所を表している

ホロスコープはこちら(nut's wheelさん)で無料で調べることができます。

参考 ホロスコープ無料作成サイトおすすめ3選

ホロスコープの円は中心部分から放射状に線が引かれていて、12個の部屋に分かれています。

これを西洋占星術では「ハウス」と呼んでいます。

星座が本人の内面的な傾向や資質を表すのに対して、ハウスは具体的にどのような場面で現れるのか、つまり10天体がどこで働くかの「活動場所」を示しています。

ハウスを知ることで、各天体がどのような場で強く発揮されるのかが分かるということですね。

天体が1つも入っていないハウスがあったり、天体がたくさん入っているハウスがあったり、その配置はさまざま。

特に、木星が入っているハウス3天体以上あるハウスは、その人の人生にとって重要になるのでチェックしてみてください。

それでは、それぞれのハウスにどういった意味があるのか見ていきましょう。

※ハウスは出生時間が数分違うだけで、場所が変わってしまいます。出生時間が分からない場合は、ハウスを使えないので要注意!

 

各ハウスが表す意味

1ハウス:自分の本質

アセンダントを含む1ハウスは、自分自身を示している最も大切な場所

生まれつきの資質が表れているので、本人は無意識で気付いていない場合が多いのですが、他人からはその特徴がはっきり分かります。

ちなみに、1ハウスは自分自身で、正反対に位置する7ハウスは他者を表します。

【 代表的なキーワード 】
本質、生まれつきの資質、容姿

 

2ハウス:所有

2ハウスは自分が所有するものを表す場所で、主にお金生まれ持った才能について見ることができます。

ここでのお金というのは、自分が働いて手に入れる収入のこと。

【 代表的なキーワード 】
収入、自分で稼ぐ能力、金銭感覚、財産、所有物

 

3ハウス:知的活動

3ハウスは初等教育という意味があり、基礎的な勉強を表す場所

(専門的な勉強は反対側の9ハウス)

また、身近な外の世界との交流を表す場所なので、コミュニケーションの取り方や兄弟姉妹との関係性も読めます。

【 代表的なキーワード 】
勉強、日常的に使う知識、コミュニケーション能力、兄弟姉妹

 

4ハウス:家庭環境

ICを含む4ハウスは、自分にとって足元であり、土台でもある場所。

主に、家庭環境や自分がリラックスできる場所を表しています。

あなたが犬だとすると、仰向けになって眠れるところですね。

【 代表的なキーワード 】
家、家族、リラックスできる場所、居心地がいいカフェ

 

5ハウス:恋愛や趣味

5ハウスは恋愛や趣味、レジャーなどの楽しいこと全般を表す場所

人のことを気にせず、自分の好きなように広げられるもの全てを読めます。

【 代表的なキーワード 】
遊び、恋愛、趣味、子ども、ギャンブル

 

6ハウス:労働や健康

6ハウスは、日々生活していくために必要な労働を表す場所

なので、普段のありのままではなく、訓練して自分を磨くことに関係しています。

自由を制限して、やるべきことをやる感じですね。

また、自分自身の健康も表しています。

【 代表的なキーワード 】
労働、雇用、職場、健康

 

7ハウス:人間関係

ディセンダントを含む7ハウスは、人間関係を表す場所

1ハウスは自分自身を表しているのに対して、7ハウスは他者になり、人間関係のハウスになります。

「社会の入口」ともいわれていて、配偶者やライバル、結婚や契約についても読めます。

【 代表的なキーワード 】
対人関係、結婚相手、顧客、契約

 

8ハウス:深い人間関係

8ハウスは、結婚後の生活や性に対する意識・あり方など、より深い人間関係について表す場所

2ハウスが自分が働いて手に入れる収入に対して、8ハウスはパートナーからもたらされる収入と読むこともできます。

【 代表的なキーワード 】
結婚生活、性、借金、遺産、保険、死

8ハウスに関する関連記事

 

9ハウス:向学心

3ハウスが幼少期の基礎的な学習を表しているのに対し、その向かい側にある9ハウスは、専門的で高度な学問を表す場所

向上心のまま自由に動き回って、自分の世界と意識を拡大していくイメージですね。

視野を広げるという意味で海外も表しています。

【 代表的なキーワード 】
高度な学問、専門的な勉強、海外、語学、法律、宗教

 

10ハウス:社会性

MCを含む10ハウスは、社会における自分の「最高到達地点」を表す場所

分かりやすく言うと「わたしは○○です」と自分を社会に紹介できる「肩書きのハウス」ですね。

天職としての職業や、目上の人との関係を読むこともできます。

【 代表的なキーワード 】
仕事、職業、肩書き、役割、使命、目上の人

 

11ハウス:友人関係や未来

11ハウスは個人的な願望や利益を超えた、横のつながりを表す場所

上下関係なく、自由に気が合う同士が話をしたりシェアしたりして、未来を作っていきます。

【 代表的なキーワード 】
友人、コミュニティ、未来、自己投資

 

12ハウス:潜在意識や秘密

最後のハウスである12ハウスは、人生の目的を果たしてたどり着く場所

いわゆる「あっちの世界」のハウスですね。

隠されたものや目に見えない問題、本人の意識外で動く事柄も表しています。

【 代表的なキーワード 】
1人の時間、潜在意識、秘密、スピリチュアル、インターネット、夜の世界

 

ハウスを読んでより具体的に

ハウスの意味は本当にたくさんあるのですが、その一部をご紹介しました。

ハウスを読むとホロスコープをより具体的に知ることができるので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

西洋占星術を勉強したい方は 西洋占星術おすすめの本 もどうぞ

ホロスコープの読み方や相性については 西洋占星術 記事一覧 ページ をご覧ください

 

メルマガ限定情報を配信中!

いま知りたい星読み情報・占い豆知識ネタを【月2回無料】でお届けします!

無料メルマガ登録 特典【金星星座別・彼の好みのタイプとアプローチ法】会員専用ページへご招待♪

今月の12星座運勢占いも好評配信中!

メルマガサンプルをWEB上で掲載中!チェックしてみてくださいね!

最新号を試しに読む

  • この記事を書いた人

里 みさき

当ブログでは、西洋占星術と四柱推命の情報を分かりやすく発信しています。ブログ月間100,000pv突破。西洋占星術と四柱推命の占い師。ARI占星学総合研究所 研究科所属。astrology tokyo認定鑑定師。1児の母親。太陽山羊座・月天秤座。

-西洋占星術:読み方