四柱推命の命式表や性格の見方をわかりやすく解説!

四柱推命占い 星の意味や読み方を学んで自分で占ってみよう!

数ある占いの中でも特に的中率が高く、占いの帝王ともいわれている四柱推命。

四柱推命で使う命式表を読み解くには、十干や通変星、十二運星の知識が必要です。

ここでは、命式表の意味や見方、性格の読み方を分かりやすくまとめています。

四柱推命 十干(じっかん)の見方

まず知っておきたいのが、命式表の上段にある十干です。

これは、東洋の思想である、「陰陽五行説」が元になっています。

具体的には、木・火・土・金・水のそれぞれ陰と陽、計10種類で占います。

 

四柱推命 通変星(つうへんせい)の見方

次に調べるのが、命式表の中段にある通変星です。

10種類ある通変星は、星座占いの12星座のようなもので、とてもはっきりとした違いがあります。

それぞれ、性格に良い面と悪い面を持っているので、その特徴をおさえておきましょう。

 

四柱推命 十二運星(じゅうにうんせい)の見方

もう一つ、調べたいのが、命式表の下段にある十二運星です。

これも通変星同様、12種類のそれぞれに特徴があります。

ただし、通変星との組み合わせによって意味が異なることがあり、性格より運勢を占いたい時に用いることも。

(見方や解釈は流派によって異なります)

先に十干通変星の見方をしっかり理解してから、補足として読んでみるといいかもしれません。

 

四柱推命 大運の見方

四柱推命で運勢を占う場合、10年ごとの運勢を知るために大運を読み解きます。

10代・20代・30代…で振り返ってみて運命が変化しているのは、この大運が切り替わっているためです。



2018年5月19日

Copyright© 占い師 里みさきのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.