四柱推命の命式表や性格の見方をわかりやすく解説!

四柱推命占い 星の意味や読み方を学んで自分で占ってみよう!

数ある占いの中でも特に的中率が高く、占いの帝王ともいわれている四柱推命。

四柱推命で使う命式表を読み解くには、十干や通変星、十二運星の知識が必要です。

この占いブログでは、命式表の意味や見方、性格の読み方をわかりやすく解説します!

四柱推命 十干(じっかん)の見方

まず知っておきたいのが、命式表の上段にある十干です。

これは、東洋の思想である、「陰陽五行説」が元になっています。

具体的には、木・火・土・金・水のそれぞれ陰と陽、計10種類で占います。

【木】甲(きのえ)と乙(きのと)の意味と読み方

【火】丙(ひのえ)と丁(ひのと)の意味と読み方

【土】戊(つちのえ)と己(つちのと)の意味と読み方

【金】庚(かのえ)と辛(かのと)の意味と読み方

【水】壬(みずのえ)と癸(みずのと)の意味と読み方

 

四柱推命 通変星(つうへんせい)の見方

次に調べるのが、命式表の中段にある通変星です。

10種類ある通変星は、星座占いの12星座のようなもので、とてもはっきりとした違いがあります。

それぞれ、性格に良い面と悪い面を持っているので、その特徴をおさえておきましょう。

【自立星】比肩(ひけん)・劫財(ごうざい)の意味と読み方

【遊星】食神(しょくしん)・傷官(しょうかん)の意味と読み方

【財星】偏財(へんざい)・正財(せいざい)の意味と読み方

【官<星】偏官(へんかん)・正官(せいかん)の意味と読み方

【印星】偏印(へんいん)・印綬(いんじゅ)の意味と読み方

 

四柱推命 十二運星(じゅうにうんせい)の見方

もう一つ、調べたいのが命式表の下段にある十二運星です。

これも通変星同様、12種類のそれぞれに特徴があります。

ただし、通変星との組み合わせによって意味が異なることがあり、性格より運勢を占いたい時に用いることも。

(見方や解釈は流派によって異なります)

先に十干や通変星の見方をしっかり理解してから、補足として読んでみるといいかもしれません。

長生(ちょうせい)・沐浴(もくよく)・冠帯(かんたい)の意味と読み方

建禄(けんろく)・帝旺(ていおう)・衰(すい)の意味と読み方

病(びょう)・死(し)・墓(ぼ)の意味と読み方

絶(ぜつ)・胎(たい)・養(よう)の意味と読み方

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.

里 みさき

占い師&Web在宅ワーカー&1児(4才)の母。元々、販売業だったが出産を機に退職。育児と家事に専念しようとするが、モヤモヤとした満たされない悩みを抱え、占い(西洋占星術と四柱推命)に出会う。西洋占星術と四柱推命で本来の自分を知り、未経験でWebの世界、そして占いの世界へ飛び込む。現在は在宅で仕事をしつつ、情報ブログを通して占いの知識を発信中。好きなものはお菓子(チョコとポテチ)。苦手なものは密集しているもの(特にムカデ)。→詳しいプロフィールはこちら